赤い糸

婚約指輪を素材で選んでみる┃アレルギー反応がないか重要

意外と使い勝手が良いです

リング

沖縄に住んでいる人の中で、結婚指輪をしたいのに、指にはめられなくて悩んでいる場合も少なくはありません。例えばアレルギーがあるから、サイズが合わなくなったけど、沖縄の自宅の近くで直せるお店がない、職業柄付けられないなどが主な理由です。ただ、せっかく二人で相談して結婚指輪を作ったのですから、宝石箱の中に眠らせておくというのは非常にもったいないです。そこでネックレスに通してみる、という方法がおすすめです。これなら仕事場でも問題なく、洋服に隠すことが可能ですし、食器を洗う際や子供に触れる時でも、傷をつける心配を減らせます。そして意外とやってしまうのが紛失なのですが、首からぶら下げているので外してどこかに置き忘れたり、落とすことも考えにくくなります。

もちろん沖縄の自宅にあるお気に入りのネックレスに、結婚指輪を通して首からかけておくというのも良い方法です。どちらも好きなものであれば気分も上がるというものですが、実際に試したことのある人ならご存知でしょうが、結婚指輪が傾いたりしてうまくバランスが取れないこともよくあることです。どうしても美しく見えないのが納得できないというのであれば、最近では沖縄のお店にも、結婚指輪を通すための専用のネックレスというのが売られています。他にもいろんなタイプがあり、結婚指輪を挟み込むようなものであれば、常に同じに向きにキープできるのでおすすめです。それからピンクやイエロー、ホワイトや、太めや細めといった具合に、結婚指輪の雰囲気に合うものを探しましょう。